• トップ
  • 総合ランキング
  • 風俗求人サイト「フートーク」
大阪のデリヘル口コミNO.1ランキング > 基礎知識 > 介護職に象徴される貧困率の悪化と風俗

介護職に象徴される貧困率の悪化と風俗

覆面調査員募集

徹底比較ランキング


2000年代以降に介護や看護、賃金の安いサービス業を生業にする一般女性が性風俗に大量流入することになった。その背景に、貧困問題がある。この頃から全国的に貧困の指標である相対的貧困率の上昇傾向が続いている。
非正規雇用の増加や新卒採用の減少などで格差の拡大は進み、フルタイムで働いても普通に生活ができない貧困層が生まれることになったのだ。

相対的貧困率とは、世帯年収の可処分所得(正しくは等価可処分所得)が中央値(平均値を下回る値)の半分に満たない人の割合を表すもので、2009年の厚生労働省の調査では過去最悪の16.0%となっている。女性を中心に非正規雇用が一般的になり、現在、貧困に該当する者はどこにでも存在している。とりわけ単身女性に絞ると32%で3人に1人、シングルマザーは2人に1人が貧困に該当すると言う結果が出ている。

相対的貧困率の悪化と言うのは、介護職の現状に象徴されている。
全国労働組合総連合の調査(2010年度)によると、介護労働者の平均年収は非正規雇用も含めて約207万円、月に換算する約17万円強。所得税や社会保険を引かれたら手取りは14万円台。過半数どころか大多数が、貧困に近いラインの生活を送っている。

現在の給与水準で介護職員をしながら人並みの生活が送れているのは、結婚をして世帯が 共働きか実家住まいの未婚女性のみ。

圧倒的に性風俗に人材を出している介護業界には、それ以外にも理由が揃っている。
小さな介護関係の会社を運営している知り合いがおり、短期だが私自身が介護現場を経験して見えてきた現実である。

介護施設に就職すると、早出、遅出、夜勤と勤務時間が不定期、休日も不定期なので外の介護以外の友人や知り合いと人間関係を保つのが難しくなってくる。そうなると閉鎖的な生活環境では、施設内の職員同士の人間関係が濃くなる。施設でのケアは常にチームプレイとなる為に同僚、上司とは良好な人間関係を作らなくてはならない。

介護の職場には女性が多い。介護職に限った話ではないのだが、女性は基本的に良く喋る。仕事中、休憩中など時間に限らず、施設内では様々な情報が交換されている。このような人間関係が限定された閉鎖的な環境はストレスが溜まりやすい。会話をするのは高齢者や同僚だけで、 仕事と職場の人間関係しかない、生活は貧困レベル。このままではけないと不安に襲われるのだ。そんな時に「実は私・・・」と風俗経験を語る同僚に出会う。

もともと介護施設は離職率が高く、人材が流動的で、様々な年齢、経歴を持った女性が集まっている。水商売や性風俗経験者、現役兼業者、男性経験が豊富な者、不倫をしてしまった者、などが新人として介護職に入ってくることになり、それぞれの情報が施設の職員間で共有されやすのだ。

多くの介護施設は「笑顔、やりがい、成長、夢」など、ポエム的な常套旬を一方的に職員たちに叩き込む傾向がある。洗脳してポジティブな状態を保たせて低賃金で働かせようとする施設側の工夫だが、貧困レベルの生活をしている自分より、兼業風俗嬢をしている方がゆとりがあって幸せそうにみえるのは明らかで、よほど鈍い女性以外はその差を実感することになるのである。また、経済的に困っている様子のない兼業風俗嬢が入職してきて「実は私・・・」と言うと、白い目で見られるどころか、「私もやりたい!」と言うものが現れる。こうしてまた誰かが性風俗への一歩を踏み出していくと言った連鎖につながっていく。

1対1での会話や肉体を使ったサービスが求められる等、共通項は多く、高齢者から男性限定に代わるだけ。他業種よりも違和感なく性風俗に向かっていけると いう面もある。
性風俗店の男性客が求める「明るさ」「コミュニケーション能力の高さ」「気が利く」「優しさ」は介護職員に求められる適性と一致する。

介護職員として優秀な女性は性風俗でも活躍できる能力がある可能性が高いのだ。そしてその中でも国家資格である介護福祉士を取得しているいる女性ほど、性風俗に流れて成功しゃすい。
しかも普通に生活ができる程度の賃金すら支払えない介護業界には、副業を許容するムードもある。慢性的な人手不足、そして人材は流動的、多種多様な経歴を持った人が多い為、副業程度で解雇にもならない。もともとたくさんの条件がそろいすぎている業界なのである。

このまま介護職員の性風俗への流出が続き、兼業風俗嬢が他の職員より豊かで楽しそ うに生活をしていると、さらに人材の流出が進む可能性がある。優秀な女性ほど風俗嬢としても成功するので、本業だったハズの介護職に見切りをつけるからである。
介護職の高い離職率は社会問題になっているが、性風俗への流出はそれに拍車をかけている。

さらに追い打ちをかけるように、介護保険制度は財政難の為、報酬抑制の方向に向かっているのである。現在の状況でギリギリの生活をしている状態であるのに、さらに首を絞められるような流れになっているのだ。介護職員の収入は3年毎に改定される、介護保険が適用されるサービスを適用した施設に支払われる報酬(介護報酬)が大きなカギをにぎる。

2015年度の制度改正では要支援の介護保険からの切り離しが検討され、同年8月からは年間の年金収入が280万円以上の利用者は現行の1割自己負担を2割にすることが決まっている。

利用者の負担が増えれば利用の抑止がおき、そして介護報酬の減少が起こることは明らかなのだ。
今後、介護職員の性風俗への流出はさらに拍車がかかっていくことに間違いはない。

ワーキングプアを次々と生みだしていると言う悲惨な状況でも介護施設側は「介護は熱い想いを伝えられる素晴らしい仕事で夢がある」などと訴えているが、ふたを開ければ豊かさのかけらもない貧困女性の巣窟となり果てているのが現状なのだ。

高い志を持って介護の世界に足を踏み入れても経済的、精神的共にすぐに追い詰められてしまう。
これらは外見スペックが高く、頭の良い女性は風俗店へ、そうでない女性はそのまま専業介護職員として働くと言う流れが1つの日常と化しているのではないだろうかと私は思う


関連記事

大阪デリヘル比較ランキング

アロマディオーネ

容姿はもちろんのこと!女性らしさにもこだわりをもった高級性感エステです!

第1位

アロマディオーネ

総合評価 ★★★★☆
満足度 ★★★★☆
サービス ★★★★★
料金 ★★★★☆
女の子 ★★★★☆

公式サイトはこちら

ピンクコレクション

関西No1支持率を誇る高級デリバリーヘルスです!

第2位

ピンクコレクション

総合評価 ★★★★★
満足度 ★★★★★
サービス ★★★★★
料金 ★★★★☆
女の子 ★★★★☆

公式サイトはこちら

クラブバーニング

容姿端麗なのはもとより、品格とマナーを備えた最高級の女性のみを揃えた高級デリヘルです

第3位

クラブバーニング

総合評価 ★★★☆☆
満足度 ★★★☆☆
サービス ★★★★☆
料金 ★★★★☆
女の子 ★★★☆☆

公式サイトはこちら

大阪のデリヘルの中でのリアルな人気女の子がわかる「女の子ランキング」です。
ここにいる女の子を指名すれば初めてでも後悔しないこと間違いなし!

ページトップへ

風俗求人サイト「フートーク」

LINEで無料相談

店舗名で探す

口コミ評判

基礎知識

ページトップへ